イワシのオーブン焼き シチリア風

おもてなし

イタリアではパン粉とオリーブオイルを混ぜ、詰めものにするお料理がポピュラーです。松の実、レーズン、フェンネルを加えればシチリアの味に。

材料(2人分/レクタンギュラー・プレート使用)

  • イワシ 2尾
    詰め物
  • 松の実 7g
  • レーズン(粗く刻む) 10g
  • パン粉(きめの細かいもの) 50ml
  • フェンネル(葉をみじん切り) 適宜
  • オリーブオイル 大さじ2
  • プチトマト 4個
  • オリーブオイル 適宜
  • レモン汁 大さじ1
  • オレンジ汁 大さじ1
  • 塩・こしょう 適宜

作り方

  1. イワシはワタを取り除き水洗いして、水気をよく拭き取っておく。
  2. 松の実とレーズンを仕上げ用に少し残して、詰めものの材料をすべてボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
  3. 塩・こしょうで下味をつけたイワシのお腹に2の詰めものを入れる。
  4. レクタンギュラー・プレートに薄くオリーブオイルを塗り、3とプチトマト、残った松の実とレーズンをちらし、レモン汁、オレンジ汁をかけて180℃のオーブンで15分ほど焼く。

Facebookもチェック