焼きさんまの棒寿司

おもてなし

ル・クルーゼで炊いたご飯は冷めてもおいしく酢飯にぴったり。薬味と一緒に巻いて、味も見た目も上品な仕上がりに。

材料[2本分/ココット・ロンド18cm使用]

  • さんま(開きにしたもの) 2尾
  • 塩 少々
  • 酒 小さじ1
  •  
  • 酢飯
  • ・米 1.5カップ
  • ・昆布(5cm角) 1枚
  • ・水 300ml
  • ・寿司酢 大さじ3
  •  
  • 大根(2mmの輪切り) 8枚(約60g)
  • かぼす(2mmの輪切り) 8枚
  • 寿司酢 小さじ2
  • しょうがの甘酢漬け(薄切り) 20g
  • 大葉 4枚
  • かぼす(くし切り) 適宜

作り方

  1. さんまは全て骨を抜いて塩をふり、10分ほどおいて水気をふきとる。酒をふりかけ、皮目を上にして魚用グリルで焼く。大根は塩をふり、寿司酢をふりかける。
  2. 米は洗って20分ほど浸水した後、ザルに上げて水気をきる。鍋に米、昆布、分量の水を入れ、フタをして中火にかける。沸騰したら弱火にし、10~13分ほど炊き、熱源から下ろして10~15分蒸らす。
  3. ご飯を大きめのバットに移し、寿司酢を加えながら、しゃもじなどで切るように混ぜ合わせて冷まし、4等分する。
  4. まきすにラップを広げ、水気をふきとった大根(4枚)を少しずつ重なるように並べ、同様にかぼす(4枚)を並べてのせ、1のさんまの皮目を下にしてのせる。3の酢飯(1/4)をのせ、しょうがの甘酢漬け(1/2)を広げ、大葉(2枚)をのせて、酢飯(1/4)をさらにのせる。
  5. ラップをキャンディー状に包んで形をととのえ、さらにまきすで棒状になるようにしっかり形を付ける。同様にもう1本作る。10分ほど休ませてからお好みの幅に切り分け、皿に盛り付けてかぼすを添える。
  6. *寿司酢を含ませたペーパーで湿らせた包丁でラップごと切ると簡単です。

Facebookもチェック