れんこんのみぞれ雑煮

おもてなし

すりおろしたれんこんを加えた味噌仕立てのまろやかな雑煮です。体もあたたまる、日本のお正月に欠かせない料理。

材料[4人分/ココット・オーバル25cm使用]

  • 鶏もも肉 100g
  • 鰤(切り身) 2切れ
  • にんじん 40g
  • れんこん 150g
  • しょうがの野菜だし※(スープのみ) 800ml
  • しょうがの野菜だし※(具) 150g
  • 切り餅 4個
  • 酒 小さじ1
  • 白味噌 大さじ3
  • 薄口しょうゆ 小さじ2
  • 三つ葉 20g
  • ゆず皮(千切り) 適宜

作り方

  1. 鶏肉は1cmほどの大きさに切り、酒をまぶしておく。鰤は半分に切り、湯通しする。にんじんは厚さ1cmの輪切りにし、花型などにかたどる。れんこんは皮をむいてすりおろす。三つ葉はザク切りにする。切り餅は焼いておく。
  2. 鍋に野菜だしのスープと具、にんじんを入れて中火にかけ、沸騰したら弱中火にし、鶏肉を加えてにんじんに火が通るまで煮る。
  3. 2の鍋に1のれんこん、鰤を入れてさらに5分ほど煮る。
  4. 味噌を溶き入れ、薄口しょうゆを加えて味をととのえる。器に盛り、焼いた餅を入れ、三つ葉、ゆず皮を飾る。
  5. *だしは市販の和風だしでも代用できます。

Facebookもチェック