彩り野菜の蒸し煮

毎日ごはん

フレンチレストラン「OGINO」
のオーナーシェフ 荻野伸也さんによるレシピ。彩り豊かな野菜をたっぷり使い、自然な甘みや旨みを引き出すことができる“蒸し煮”料理です。

材料[2~3人分/ココット・ロンド 24cm使用]

  • 玉ねぎ 1/2個
  • 人参 1本
  • 大根 100g
  • かぶ 2個
  • セロリ 1本
  • ごぼう 2本
  • レンコン 300g
  • ロマネスコ 1個
  • レモン 1個
  • エリンギ 3本
  • マッシュルーム 5個
  •  
  • 白ワイン 80cc
  • 白ワイン酢 50cc
  • グリーンペッパー 20粒
  • 塩、こしょう  適宜
  • ディル 適宜

作り方

  1. 野菜は全て一口大にカットする。レモンは5mmほど薄さで皮ごとスライス。
  2. 鍋に白ワイン、白ワイン酢、細かくした胡椒を入れて中火にかける。
  3. 少し煮詰まったところで野菜を一気に加え、引き続き中火にかけ沸騰させる。
  4. 軽くかき混ぜて、沸騰したらフタをして火を止め、後は余熱で火を入れる。
  5. 常温に冷めたら一晩冷蔵庫で寝かせて完成。
  6. *他の野菜を使ってアレンジもできます。

荻野伸也シェフ
フレンチレストラン「OGINO」オーナーシェフ。

1978年愛知県生まれ。都内の小さなレストランを中心に修業し、26歳の時に目黒のキャスクルートというビストロで厨房を任される。2007年、池尻に”OGINO“をオープンし、札幌の惣菜店”VivreEnsemble”、代官山”TABLE OGINO “なども手掛ける。得意の肉料理に加え、特別栽培、減農薬栽培、そして自然栽培野菜を活かした料理も手掛ける。

Facebookもチェック