鯛のあら炊き

毎日ごはん

鯛のあらにはDHA、EPAが多く含まれ、生活習慣病予防に役立つと言われています。
鯛の頬や、カマも身が締まっており、捨てるところがない美味しい魚です。とっておきの和食定番メニューをどうぞ。

材料 [4人分/ココット・ジャポネーズ 24cm、マルチ・リッド使用]

  • 鯛のあら 2尾分
  • ごぼう 1本(180g)
  • 酒 300ml
  • 水 100ml
  • 砂糖 大さじ5
  • みりん 150ml
  • しょうゆ 100ml
  • しょうがの絞り汁 小さじ2
  • しょうが 1片
  • 木の芽 適宜

作り方

    <下準備>
    ・鯛のあらはよく洗い、ヒレをはさみで適宜切り落とす。顔は縦半分に切る。
    ・中骨は食べやすい大きさに切る。
    ・皮目を上にし、ザル全体に広げる。表面にまんべんなくキッチンペーパーをのせ、熱湯を全体にかかるように注ぐ。冷水にとり、残ったウロコや血合いを除く。
    ・ごぼうは皮をこすり洗いし、太い部分は縦半分にして5㎝長さに切る。
    ・しょうがは千切りにして水にさらす。

  1. 鍋にごぼう、鯛のあら、酒、水を入れて中火で沸かす。砂糖、みりんを加えてマルチ・リッドをのせ、3分ほど煮る。
  2. 1にしょうゆを加え、時々煮汁をまわしかけながら中火で5分ほど煮る。
  3. 軽く煮汁を煮詰め、仕上げにしょうが汁を加える。
  4. 器にごぼうと共に盛り付け、しょうがの千切り、木の芽を添える。

Facebookもチェック