アホスープ

毎日ごはん

にんにく、卵、とうがらし入りで元気が出るスープ。本来はベースにブイヨンを使いますが、かわりに生ハムのうまみを充分に煮出して作る方法に。たっぷりのオイルと保温力のある鍋のおかげでテーブルに出してもアツアツのまま。半熟に火が通った卵をくずしながらいただきましょう。株式会社主婦の友社 刊 『ル・クルーゼ 世界の料理でおもてなし』より。

材料 [4人分/マルミット使用]

  • にんにく 6かけ
  • 赤とうがらし 1.5本
  • 生ハム 3枚(なければベーコン2枚)
  • 卵 4個
  • フランスパンのスライス 4切れ
  • 白ワイン 小さじ1
  • カイエンペッパー 少々
  • 塩 小さじ1/2
  • あらびき黒こしょう、パセリのみじん切り 各適量
  • オリーブオイル 50ml

作り方

  1. にんにくは2~3mm厚さの薄切りにする。鍋にオリーブオイル、にんにく、赤とうがらしを入れてごく弱火にかけ、15~20分色づくまで焦げないようにじっくり加熱する。
  2. 水500mlと生ハムを加え、ふたをして弱火で10分煮る。生ハムをとり除き、塩、黒こしょう少々を加えて味をととのえ、ワインとカイエンペッパーを加えて中火で煮立たせる。
  3. グツグツしているところにパンを加えて卵を落とし入れ、ふたをして2~3分弱火で煮て白身に火を通す。仕上げに黒こしょう少々を振り、パセリのみじん切りを散らす。

Facebookもチェック