春の新着レシピ2016

2016年春の新着レシピが大集合。春の息吹を思わせる食材をつかったおもてなし料理で、華やかな食卓を楽しんでみてはいかがでしょうか。
  • 季節の彩り野菜ピクルス

    季節の彩り野菜ピクルス

    色とりどりの季節の野菜で作るピクルスは作っておけば便利な常備菜です。保存瓶へ入れて冷蔵庫へ。食卓へ出すときは、取り皿がついたプレート・オン・ディッシュで華やかに。

  • 桜エビの蒸し寿司

    桜エビの蒸し寿司

    桜エビと春野菜のお寿司をかわいらしいラムカン・フルールに入れて蒸し寿司に仕上げます。蒸すことでお酢の酸味が和らぎ、子供も食べやすい味に。少し肌寒い春先にも美味しくいただける一品です。

  • こどもの日春巻き

    こどもの日春巻き

    こどもの日に楽しむ、鯉の形をした春巻きはいかがでしょうか。 中身は子供の好きなお肉やコーンを入れて。大きさを少しずつ変え、お皿の上で鯉のぼりに仕上げます。

  • 玉ねぎの丸ごとオーブン焼き

    玉ねぎの丸ごとオーブン焼き

    旬野菜の新玉ねぎと色鮮やかなアーリーレッドをシンプルなオーブン焼きに。 鋳物ホーロー鍋のやわらかい熱まわりがじっくり、ゆっくり素材の甘味を引き出し、ジューシーで美味しい一品料理に仕上げてくれます。

  • 鯛のあら炊き

    鯛のあら炊き

    鯛のあらにはDHA、EPAが多く含まれ、生活習慣病予防に役立つと言われています。 鯛の頬や、カマも身が締まっており、捨てるところがない美味しい魚です。とっておきの和食定番メニューをどうぞ。

  • 桜パン

    桜パン

    桜が咲いたらポットラック・パーティー(持ち寄り)はいかが? 桜色のパンを鍋ごと焼き上げて持ち寄りすれば、注目を浴びること間違いなし。桜の香りがする優しい味わいのパンです。

  • ブロッコリーごはん

    ブロッコリーごはん

    ブラジルでは、おもてなしのときにはごはんに野菜をプラスしてランクアップさせることが多いです。野菜が少ないメニューのときにとり入れるのもひとつの手ですね。株式会社主婦の友社 刊 『ル・クルーゼ 世界の料理でおもてなし』より…

  • フォンダン・オ・フレーズ

    フォンダン・オ・フレーズ

    いちごジャムを使ったスフレ生地にクリームチーズとホワイトチョコレートのクリームを入れて焼き上げ、フレッシュないちごをたくさん盛り付けます。中に出来た空洞にトッピングのいちごを混ぜ込んで一緒に食べると格別な味わいに。

  • 焼き餃子

    焼き餃子

    スキレットを使い、皮から手作りする餃子をこんがりと焼き上げます。蓄熱性の高いスキレットは皮をしっかりとパリパリに、中身をジューシーに仕上げるのがとても得意。本格的なお店の味を是非ご家庭でお楽しみください。

  • イタリアン・ライスコロッケ

    イタリアン・ライスコロッケ

    リゾットを揚げてコロッケにしたものをイタリアではスップリといいます。中からとろけるチーズがまた美味。春の行楽弁当にもぴったりです。

  • 豚肉と春野菜のブーランジェール風

    豚肉と春野菜のブーランジェール風

    パン屋さん(ブーランジェール)がまかないのために仕事終わりのパン窯で作ったと言われるお料理です。鋳物ホーロー鍋のムラのない熱まわりでお肉をジューシーに仕上げます。