please wait.

やさい あまうま調理法:野菜を食べて、身体の中から美しく、健康に。野菜を甘く、おいしくする秘訣をご紹介します!

野菜だしをとる

イメージ:野菜だしをとる

自然な甘みと旨みが凝縮された豊かな味わい、それがル・クルーゼのお鍋でつくった“野菜だし”。野菜の皮や根っこまで使用し、お水を加えて煮だすだけ。ル・クルーゼのお鍋を通して野菜にゆっくりと熱が入り、甘みと旨みを引き出してくれます。旨みが抽出されている分、余計な調味料を使わなくてすむので、減塩効果も期待できます。

さらに、密閉容器や製氷皿にいれて冷凍すれば、いつでも簡単に取り出せる使い勝手の良さも魅力です。

“野菜だし”のアレンジレシピはこちら。

野菜を加熱すると健康や美容に効果的!?

作り方

材 料:スープとして食べる場合 5人分 / ココット・ロンド22cm使用の場合

玉ねぎ(中)1個 / にんじん(中)1本 / しいたけ(中)3~4枚 / 水1000ml / 塩 小さじ1/2

〈だし用の具材〉
にんにく(皮付き)1片 / セロリの葉 適量 / 玉ねぎの皮(内側)1~2枚
にんじんの皮 適宜 / しいたけの軸 適宜
  1. イメージ:Step1玉ねぎ、にんじんは皮をむき、しいたけは軸をとって共に薄切りに。セロリの葉は、ざく切り、にんにくは皮ごと包丁の背でつぶす。
  2. イメージ:Step2だし用の具材をベリー・コランダーに入れて、10分ほど水にさらす。
  3. イメージ:Step3お鍋に、玉ねぎ、にんじん、しいたけ、水と塩を入れ、2をのせてフタをし、中火に。沸騰したら弱火で20分ほど煮る。

蒸し煮にする

イメージ:蒸し煮にする

おいしさにこだわるル・クルーゼが提案するのは、無水調理ではなく、少量の水を加える“蒸し煮”。
それは、野菜の自然な甘みや旨みを引き出すことができるル・クルーゼならではの調理法。
使う水分も少ないので栄養分も流れ出にくく、大事なビタミン類を余すことなくいただけるのも魅力です。また、短時間で完成できるので、省エネや時短を目指す忙しい大人の強い味方といえるでしょう。

“蒸し煮”のアレンジレシピはこちら。

野菜を加熱すると健康や美容に効果的!?

作り方

  1. イメージ:Step1野菜を小分けにして、水にさらしておく。皮まで食べられる野菜は、皮付きのまま同じように処理する。
  2. イメージ:Step2鍋底から1cm程の水を加え、中弱火に。水気を切った野菜を加えて5分ほど加熱する。
  3. 皮のあるものは皮を下にする。
    ※ココット・ロンド22cmに具材をしきつめた場合の、沸騰してからの目安時間です。

蒸す

イメージ:蒸す

ル・クルーゼのお鍋は、スチーマーをセットするだけで“蒸し野菜”もできる優れもの。
適量のお水を沸騰させて野菜を入れれば、5分程度で蒸し野菜が出来上がり。
蒸気がムラなく循環し熱を通すので、野菜の甘みや旨みが存分に引き出せます。
また、スチーマーを使うと栄養価の流出が少なく、芳醇な野菜の旨みが堪能できることがわかっています。野菜の栄養を効率良く、そしておいしくいただくためには、ル・クルーゼが適役です。

“蒸す”のアレンジレシピはこちら。

野菜を加熱すると健康や美容に効果的!?

作り方

  1. イメージ:Step1野菜を小分けにして、水にさらしておく。皮まで食べられる野菜は、皮付きのまま同じように処理する。
  2. イメージ:Step2湯を沸かし、中火で沸騰を保ちながら、スチーマーをセットしてフタをし、目安の時間加熱する。
  3. 皮のあるものは皮を下にする。
    ※スチーマー22cmに具材をしきつめた場合の、沸騰してからの目安時間です。

野菜と水をつかった調理法は、私たちの健康にどのような効果があるのでしょうか?加齢制御医学のパイオニア・白澤先生にお聞きしました。

白澤先生が語る「健康や美容に効果的  野菜の加熱調理」(順天堂大学:白澤卓二 教授)

健康に美しく生きるためにおすすめしたいのが、普段捨ててしまいがちな野菜のヘタや皮を煮込んでつくる“野菜だし”。これらの野菜くずから出るフィトケミカルは、多くの栄養分をふくみ、抗酸化作用や免疫力の向上に効果があることがわかっています。
また野菜の蒸し煮、蒸し野菜は、水分と火を通すことでカサが減った分、多くの野菜を食べることができる。必然的にバランス良く栄養を摂取できることにもつながるでしょう。
さらに、おいしい野菜で唾液が多く分泌されると、摂取した栄養分の吸収率も高まります。使う野菜は、なるべく色の違うものを選ぶのがコツ。摂取できる栄養素のバリエーションが増えるので、料理する際は、赤・緑・黄・オレンジ・白・紫・黒の虹色を意識して入れるとよいですね。

〈 白澤卓二先生 プロフィール 〉 順天堂大学大学院 医学研究科 加齢制御医学講座 教授。 毎日新聞や週刊女性などでの連載をはじめ、NTV「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「モーニングバード」などにも出演。アンチエイジングの第一人者として注目を集める。著書に『100歳までボケない101の方法』など。


もっと詳しくル・クルーゼを知る