ごろごろ野菜と牛肉の蒸し煮 ピーナッツ味噌添え

おもてなし

菜園料理家、藤田承紀さんによるレシピ。肉と旬の野菜の旨みがしっかり味わえる、素材の良さを最大限に活かした蒸し煮です。

材料[4人分/ココット・ロンド20cm使用]

  • 牛塊肉 300g
  • ブロッコリー 300g(小1個)
  • 新玉ねぎ 300g(大1個)
  • じゃがいも 300g(中2個)
  • 昆布出汁 450ml
  • にんにく 1片
  • タイム 1枝
  • 塩 小さじ2+小さじ1/2
  •  
  • 材料A
  • ・味噌 60g
  • ・ピーナッツ 60g
  • ・ハチミツ 50g
  • ・オリーブオイル 小さじ2
  • ・黒こしょう 適宜

作り方

  1. 牛肉は部屋に出し、30分程置いておく。5cm角の昆布を450mlの水に一晩つけておく。ブロッコリーは縦半分に切る。新玉ねぎは外の皮だけむき、縦1/4に切る。じゃがいもは土をよく落とし、半分に切る。にんにくは皮を取り、スライスする。
  2. 鍋にブロッコリー、新玉ねぎ、じゃがいも、昆布出汁、塩小さじ2を入れる。塩小さじ1/2をすりこんだ牛肉を上にのせる。フタをして、中火で加熱する。
  3. 沸騰したら中弱火にして6分加熱する。牛肉を裏返し、再度フタをして、6分加熱する。
  4. 牛肉を取り出し、アルミホイルで包み、10分休ませる。その間も3の鍋は弱火で加熱する。ブロッコリーが柔らかくなったら木べらで潰す。
  5. ピーナッツ味噌を作る。Aをフードプロセッサーに入れ、まわす。
  6. 皿にスープと薄めにスライスした牛肉を盛り、ピーナッツ味噌を添える。
  7. *牛肉は、噛みごたえある赤身肉がお好みの場合はもも肉、柔らかめがお好みの場合はロース、サーロイン等を選ぶ。
    *また、和牛は脂が多いので脂の少ない部位、脂身の少ない輸入牛の場合は脂の多い部位を選ぶと良い。

藤田 承紀さん

藤田 承紀さん
菜園料理家。
イタリア・トスカーナ地方のレストラン「IL PELLICANO」や、ローマの老舗「AL CEPPO」にて伝統的なイタリア料理を学ぶ。帰国後は「食卓に笑顔を」をモットーに料理家としての活動を開始。自然農法、有機農法による野菜づくりにも取り組み、直売所やレストランに出荷している。著書に「野菜のチップス 果実のチップス 揚げる焼く」「野菜のスープ」がある。

Facebookもチェック