うなぎと夏野菜のジュレ添え

おもてなし

うなぎと旬の野菜に、蒲焼きのたれのジュレを絡めます。冷やすことで野菜は食感が際立ち、うなぎはさっぱり味わえます。

材料(ラムカン・ダムール(S・フタ付き) 2個分)

  • うなぎ蒲焼き 80g
  • 赤パプリカ 1/4個
  • きゅうり 1/2本
  • 黄プチトマト 4個
  • アボカド 1/4個
  • レモン汁 少々
  • 酒 少々
  • (A)
  •  ・うなぎ蒲焼きのたれ 大さじ2
  •  ・だし汁 60ml
  •  ・薄口しょうゆ 小さじ1
  •  ・酢 小さじ1
  •  ・塩 少々
  • 板ゼラチン 2g

作り方

  1. 板ゼラチンは冷水(分量外)に15分以上浸してふやかしておく。
  2. うなぎは縦半分に切ってから2cm幅に切り、パプリカ、きゅうりは小さめの乱切りにする。プチトマトはヘタをとり半分に切る。アボカドは1.5cm角に切り、レモン汁をかける。
  3. 小さめの鍋に(A)を入れて弱火で温め、沸騰直前に熱源から下ろす。1のゼラチンを水気をよく絞って加えて溶かし、粗熱をとる。
  4. 3を小さめのバットに流し入れ、冷蔵庫で30分以上冷やし固める。
  5. ラムカン・ダムールに2のうなぎ、パプリカ、きゅうり、酒を入れてフタをし、電子レンジ(600W)で2分加熱し、粗熱をとる。
  6. 5にその他の野菜を加えて、フタをして冷蔵庫で1時間以上冷やす。4のジュレをけずるように崩してかける。

Facebookもチェック