関西風すき焼き

おもてなし

甘辛のタレと牛肉の甘み、さらに溶き卵をつけた濃厚な味わい。昔から愛されてきた日本を代表するごちそう鍋です。 

材料(4人分/ココット・レクタンギュラー29cm使用)

  • 牛肉(すき焼き用) 400g
  • 白菜 1/6束
  • 春菊 1/2束
  • 長ねぎ 1本
  • 焼き豆腐 1/2丁
  • しめじ 1/2パック
  • しらたき 200g
  • 砂糖 大さじ2と1/2
  • しょうゆ 大さじ2と1/2
  • (A)
  • ・砂糖 大さじ3
  • ・しょうゆ 大さじ3
  • ・酒 大さじ3
  • 牛脂 適量
  • 卵 4個

作り方

    1. 白菜と春菊は3cm幅に切り、白菜の芯部分は分けておく。牛肉は常温に戻しておく。長ねぎは2cm幅の斜め切りに、焼き豆腐は食べやすい大きさに切る。しめじは石づきを除いて小房に分け、しらたきはゆでこぼしてから食べやすい長さに切る。
    2. (A)は合わせておく。
    3. 鍋に牛脂を入れて中火にかけ、溶かしながら全体に広げる。鍋が温まったら牛肉を入れ、焼きながら砂糖をまぶし、しょうゆを加える。
    4. 肉の色が半分ほど変わったら白菜の芯、長ねぎ、焼き豆腐、しらたき、しめじを加え、2の半量をまわしかける。
    5. フタをして5分ほど弱めの中火で煮込み、野菜がしんなりしてきたら野菜に煮汁がまんべんなくなじむように混ぜ、残りの2で味をととのえる。白菜の葉と春菊を加えしんなりするまで煮る。器に取り分け溶き卵に付ける。

Facebookもチェック

このレシピに使う製品