かぶの海老しんじょう

おもてなし

くり抜いたかぶにエビのすり身を入れ、鋳物ホーロー鍋で、柔らかな優しい味に煮あげていきます。おもてなしにもおすすめのひと品です。

材料 [5人分/ココット・ロンド 20cm使用]

  • かぶ 5本
  • 車エビ 3本
  • 鯛(刺身用の柵・皮なし) 40g
  • 吉野葛 3g
  • 薄口しょうゆ 小さじ1/2
  • 酒 大さじ1/2
  • 生姜汁 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  •  
  • かぶの葉 10本
  • 塩 少々
  •  
  • (A)
  • ・和風だし 300ml
  • ・薄口しょうゆ 大さじ1
  • ・みりん 大さじ1
  •  
  • 吉野葛 5g
  • 和風だし 大さじ1

作り方

    <下準備>
    ・エビは殻をむき、背ワタをのぞいて、よく洗い、水気を拭き取ってから粗く刻む。
    ・鯛は皮をひき、骨をのぞいて粗く刻む。
    ・かぶの葉はみじん切りにし、塩少々でもんでおく。
    ・葛に和風だしを合わせて溶いておく。

  1. かぶは八方剥きにし、中心を小さじスプーンなどでくり抜く。
  2. エビと鯛をすり鉢にいれ、なめらかになるまですり潰す。葛、薄口しょうゆ、酒、生姜汁、塩を加えてさらに混ぜる。
  3. 1のかぶに2をつめる。
  4. 鍋にAを沸かし、3を並べ、弱火でフタをして時々煮汁をかけながら20分ほど煮る。
  5. かぶが透明になり、火が通ったら、葛の溶き汁を加えてまわしかけ、とろみをつける。
  6. かぶの葉はさっと洗って水気を切り、5に加え、最後に一煮立ちさせる。器に盛り、ゆずのすりおろしをちらす。

Facebookもチェック