秋刀魚と秋野菜のグリル

おもてなし

鋳物ホーローのグリルで秋の味覚を焼き上げます。グリルを使うことで素材が香ばしく、シンプルながらも味わい深い仕上がりに。

材料 [2人分/グリル・ロンド使用]

  • 秋刀魚 2尾
  • まいたけ 50g
  • エリンギ 50g
  • さつまいも 80g
  • 茄子 1本
  • れんこん 50g
  • かぼちゃ 60g
  • フルーツトマト 2個
  • いんげん 6本
  • すだち 1個
  • 塩 少々
  • 薄力粉 適量
  • サラダ油 適量
  •  
  • <すだちしょうゆタレ>
  • すだち果汁 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 昆布(5㎝×5㎝) 1枚
  •  
  • <ごまだれ>
  • 白練りごま 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ1と1/2
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 米酢 小さじ1
  •  
  • <くるみ味噌>
  • 合わせみそ 60g
  • 砂糖 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • くるみ(砕いたもの) 20g

作り方

    <下準備>
    ・秋刀魚は内臓を除いてよく洗い、皮に2か所切り込みを入れ、長さを斜め半分に切る。
    ・塩を全体にふり、10分ほど置いて水気をペーパーでふき取る。
    ・焼く直前に薄力粉を全体に薄くまぶす。
    ・まいたけは小房に分け、エリンギは縦半分に手で裂く。
    ・さつまいも、茄子は皮付きのまま7㎜幅の輪切りにし、それぞれ水にさらす。
    ・れんこんはよく洗って皮付きのまま7㎜幅の輪切りにし、酢水(分量外)につける。
    ・かぼちゃは種を除いて皮付きのまま7㎜幅に切り、いんげんは筋を除く。
    ・すだちは横半分に切る。
    ・すだちしょうゆタレは合わせて20分ほど置き、昆布を取り出す。ごまだれ、くるみ味噌はそれぞれ合わせておく。

  1. グリルにサラダ油を塗り広げて中火で熱し、野菜を焼き色がつくまで焼いて一旦取り出す。
  2. サラダ油を足して塗り広げ、薄力粉をまぶした秋刀魚をのせ、両面こんがりと焼く。
    1の野菜をグリルに戻し入れ、火を止める。すだち、タレ2種とくるみ味噌を添える。
  3. ※グリルは冷めにくいので、そのまま食卓で余熱で温かいままお召し上がりになれます

Facebookもチェック