桜パン

ティータイム

桜が咲いたらポットラック・パーティー(持ち寄り)はいかが?
桜色のパンを鍋ごと焼き上げて持ち寄りすれば、注目を浴びること間違いなし。桜の香りがする優しい味わいのパンです。

材料 [1台分/ココット・ロンド 18㎝使用]

  • 強力粉 300g
  • 砂糖 大さじ2
  • ドライイースト 小さじ1と1/3
  • 塩 小さじ1
  • 練乳 大さじ2
  • 溶き卵 1個分
  • バター 30g
  • 牛乳(40℃くらい) 115ml
  • くるみ 80g
  • 桜の花の塩漬け 25g
  • 食紅(赤) 少々
  • 上新粉(仕上げ用) 適量

作り方

    <下準備>
    ・桜の花の塩漬けは塩を洗い流し、20分ほど水につけておく。
    ・10gほど飾り用に取り置き、残りは軸を外して粗く刻む。
    ・食紅を牛乳に溶かしておく。溶き卵、バターは常温に戻す。
    ・くるみは170℃のオーブンで7分ほどローストし、粗く砕く。鍋にサラダ油(分量外)を薄く塗り広げ、クッキングシートを敷く。

  1. ボウルに強力粉、砂糖、イーストを入れ、イーストを避けるように塩、練乳、溶き卵、バター、刻んだ桜の花を入れる。イーストを溶かしながら牛乳を加え、スパチュラで全体を混ぜ、粉気がなくなってきたら台の上に取り出して8割ほどこねる。生地を広げ、くるみを中央にのせて包み、揉みこむようにして全体に行きわたらせる。ボウルに移してラップをし、暖かい所で25分ほど発酵させる。
  2. 台に生地を取り出し、5等分にして丸め、10分ほど休ませる。生地の両端にスケッパーで1㎝と4㎝ほどの切込みを入れ、4㎝の切込みが外側になるように鍋の中に円形に並べる。
  3. 鍋にフタをし、暖かいところで1.5倍の大きさになるまで2次発酵させる。オーブンは190℃に予熱する。
  4. 生地の表面に飾り用の桜の花をのせ、上新粉を軽くふり、190℃のオーブンで40分ほど焼く。
  5. ※焼き色が強い場合は途中でアルミホイルをかぶせる

Facebookもチェック