栗ご飯

おもてなし

栗を贅沢に使用した代表的な秋の味覚。ふっくらと炊きあがったご飯と黄金色の栗、それぞれの甘みが口の中いっぱいにひろがります。

材料[4人分/ココット・ロンド20cm使用]

  • 米 2合
  • 栗(生) 350g(実のみ250g)
  • 水 200ml
  • (A)
  • ・砂糖 大さじ1
  • ・塩 小さじ1/4
  • (B)
  • ・水 380ml
  • ・酒 大さじ1
  • ・塩 小さじ1
  • ・薄口しょうゆ 小さじ1/2
  • 昆布(4cm角) 1枚
  • 黒ごま塩 適量
  • あれば 焼きミョウバン 小さじ1/2

作り方

  1. 栗は鬼皮と渋皮をむき、たっぷりの水に1~2時間つけてアク抜きし、ザルに上げ水気をきる。
  2. 米は洗って30分浸水した後、ザルに上げ水気をきる。
  3. 鍋に1の栗とたっぷりかぶる程度の水(分量外)、焼きミョウバンを入れて中火にかけて煮立て、2分ほど煮たらザルに上げ水気をきる。
  4. 軽く鍋を洗って栗と分量の水を入れて中火にかけ、煮立ったら(A)を加える。フタをして弱火で8分ほど煮て、ザルに上げ水気をきる。
  5. 鍋をよく洗って2の米と(B)を入れてよく混ぜる。表面を平らにして昆布と3の栗を全体にちらすようにしてのせ、フタをして中火にかける。沸騰したら弱火に落として12分ほど炊き、熱源から下ろして10分ほど蒸らす。
  6. 昆布を取り出してさっくりと混ぜ合わせる。
  7. ※栗の下ゆで(手順3)は、焼きミョウバンを加えて煮ると栗の黄色がきれいに仕上がります。 焼きミョウバンがなければ、たっぷりの水でゆでこぼすだけでも味に変わりはありません。※むき栗を使用すると簡単に作れます。

Facebookもチェック