カスレ

おもてなし

フランスの有名な田舎料理で、ソーセージと白いんげん豆の煮込みです。ル・クルーゼのお鍋なら、乾燥豆もふっくら煮え上がります。

材料(4人分/ココット・ロンド22cm使用)

  • 白いんげん豆 1カップ(150g)
  • ニンニク 1片
  • 玉ねぎ  1/2個
  • にんじん  1/2本
  • セロリ 1本
  • 鶏もも肉 1枚
  • 豚ばら肉 200g
  • ソーセージ 8本
  • トマト缶(ホール) 200g
  • 塩・こしょう 適宜
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 白ワイン  1/2カップ
  • 水 2と1/2カップ
  • コンソメ顆粒 大さじ1
  • パン粉 50ml
  • ブーケガルニ(パセリの茎、タイム、各1枝、ローリエ1枚、セロリの葉少量) 1束

作り方

  1. 白いんげん豆はたっぷりの水(分量外)にひと晩つけてもどしておく。
  2. 鍋に1とたっぷりの水(分量外)を入れ、フタをして弱火で15分煮て、ザルにあけておく。
  3. ニンニクはつぶす。玉ねぎ、にんじん、セロリは1cm角に切る。鶏もも肉、豚ばら肉、ソーセージは一口大に切り、塩・こしょうを軽くまぶす。
  4. トマトのホールはフードプロセッサーにかけ、ピューレ状にする。
  5. 鍋にオリーブオイルを弱火で熱し、ニンニクを炒めて香りがでたら3の野菜類を入れて炒め、鶏もも肉と豚ばら肉も加えて炒める。白ワインを入れて中火でアルコール分を飛ばす。
  6. 5に2の豆、水、コンソメ、4のトマトピューレ、ブーケガルニを入れて中火にかけ、アクを取る。フタをし、弱火におとして30分煮る。
  7. 塩・こしょうで味をととのえ、ソーセージを入れ、パン粉をかける。フタを外して180℃に予熱したオーブンで15〜20分、焦げ目が付くまで焼く

Facebookもチェック