海老のカダイフ揚げ椀

おもてなし

ひと手間かけて下ごしらえした車エビと、歯触りのよいれんこんをカダイフでさっくり揚げたひと品。
とろみをつけたお出しと共に温めた器に盛り、おもてなし感を演出させましょう。

材料 [5人分/ソースパン、ウィンザーポット]

  • 車エビ   5尾
  • 冷凍カダイフ  50g
  • 塩、白こしょう 少々
  • れんこん    10g
  • 大葉      5枚
  • サラダ油    適宜
  •  
  • 和風だし   320ml
  • 薄口しょうゆ  小さじ2
  • 酒   小さじ1
  • みりん   小さじ1
  • 塩     小さじ1/4
  • 吉野葛    10g
  • 水     大さじ1

作り方

    ■下準備
    ・冷凍のカダイフは解凍しておく。
    ・エビは頭と尾を残して殻をむき、楊枝で背ワタをのぞいてよく洗い、水気を拭き取る。尾の水分を包丁の先でしごき取り、先を切り落とす。頭の先のとがっている部分も切り、塩、こしょうしておく。
    ・葛に和風だしを合わせて溶いておく。

  1. 鍋に和風だし、薄口しょうゆ、酒、みりん、塩を入れて中火で沸かし、葛の溶き汁をまわし入れ、とろみがついたら、火をとめる。
  2. れんこんは薄切りにし、大葉は軸を切る。
  3. カダイフをまな板にまっすぐに伸ばし、エビを端におき、巻いていく。
  4. 鍋にサラダ油を中火で熱し、れんこん、大葉を素揚げする。3のエビも加え、こんがりときつね色になるまで揚げる。
  5. 器に熱湯をはり、温める。湯を捨て水気を拭いておく。
  6. 器に温めた1の汁をはり、4のエビをのせ、大葉、れんこんを添える。

Facebookもチェック