先付け3種(栗の甘露煮焼き、にんじんの彩り煮、生麩のくるみ味噌)

おもてなし

懐石料理などで最初に出てくる、少量の気のきいた料理を盛ったものを「先付け」と言います。
自宅でおもてなしの和食を振る舞う際に、ぜひ取り入れてみては?

材料 [すべて5人分]

  • ■栗の甘露煮焼き
  • 栗の甘露煮 5個
  •  
  • ■にんじんの彩り煮[ソースパン使用]
  • にんじん 1/3本
  • 和風だし 100ml
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 薄口しょうゆ 小さじ1/2
  • みりん 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  •  
  • ■生麩のくるみ味噌[TNSシャロー・フライパン 20cm]
  • 生麩 1本
  • サラダ油 大さじ1
  • くるみ(ローストしたもの) 30g
  • 合わせ味噌 40g
  • 砂糖 大さじ2と1/2
  • みりん 大さじ1
  • 水 小さじ2

作り方

    ■栗の甘露煮焼き

  1. 栗の甘露煮をグリル(トースターでも可)で6分ほど焼く。
    1. ■にんじんの彩り煮

    2. にんじんは5mm厚さの輪切りにし、型抜きする。
    3. 小鍋に和風だし、砂糖、薄口しょうゆ、みりん、塩、1のにんじんを入れ、弱火で10分煮る。そのまま冷ます。
      1. ■生麩のくるみ味噌

      2. 生麩は5等分して串にさす。
      3. フライパンにサラダ油を熱し、1の両面に焼き色がつくまで焼く。
      4. くるみはすり鉢ですりつぶし、味噌、砂糖、みりん、水を加え、なめらかになるまでよくすりつぶす。
      5. 3を耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分ほど加熱する。
      6. 2に4をのせ、盛り付ける。

Facebookもチェック