冷やしおでん

毎日ごはん

和食の定番、おでんをひんやりとした食感で楽しめます。ジュレが具材とよく絡んだ、お酒もすすむ夏向け料理。

材料[4人分/ココット・オーバル25cm、マルチ・リッド使用]

  • なす 2本
  • 大根 12cm
  • トマト 2個
  • ズッキーニ 1本
  • ごぼう天 4本
  • 水菜 30g
  • みょうが 1本
  • (A)

  • しょうがの野菜だし※(スープのみ) 400ml
  • ・酒 小さじ4
  • ・みりん 小さじ4
  • ・薄口しょうゆ 小さじ2
  • ・塩 小さじ1/2
  • (B)

  • しょうがの野菜だし※(スープのみ) 400ml
  • ・みりん 大さじ1
  • ・砂糖 大さじ3と1/2
  • ・薄口しょうゆ 大さじ1と1/2
  • ・塩 小さじ1
  • 粉ゼラチン 7g
  • 冷水 大さじ1

作り方

  1. なすはヘタから1cm下に包丁を入れて余分なヘタを切り落とし、ピーラーで皮を間隔をあけてむき、隠し包丁を入れて縦半分に切り、塩水(分量外)に漬けておく。大根は厚さ3cmの輪切りにし、米のとぎ汁(分量外)でやわらかくなるまで煮ておく。トマトはヘタを取って湯むきする。ズッキーニはヘタを切り落とし、ピーラーで皮を間隔をあけてむき、厚さ1cmの斜め切りにする。ごぼう天は湯通しして斜め半分に切る。
  2. 水菜は長さ3cmに切り、みょうがは千切りにして水にさらし、ゼラチンは冷水に入れ、ふやかしておく。
  3. 鍋に(B)を入れて中火にかける。沸騰したら火を止め、2のふやかしたゼラチンを加えて混ぜ合わせる。バットに移し、底に冷水(分量外)をあてて粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固め、ジュレを作る。
  4. 耐熱皿になすを並べ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で6分30秒ほど加熱する。
  5. 鍋になす、大根、ズッキーニ、ごぼう天、(A)を入れ、マルチ・リッドをのせて中火にかける。沸騰したら弱火にして10分ほど煮込み、バットなどに取り出しラップをかけて冷ます。
  6. 5、トマト、水菜、水気をきったみょうがを器に盛り付け、3のジュレをフォークなどで崩しながらかける。

Facebookもチェック