新にんじんとくるみの春巻き

クイックメニュー

料理家の平野由希子先生によるレシピ。料理の名前からも春を連想させる春巻。一口食べると豊かな香りが広がります。揚げたてはもちろん、行楽やピクニックのお弁当にもぴったりです。

材料[8個分]

  • 新にんじん  1本
  • 春巻きの皮  6枚
  • くるみ  4粒
  • (A)
  • ・オリーブオイル 大さじ1
  • ・塩小さじ 1/3
  • ・こしょう 少々
  • 小麦粉  小さじ1(水小さじ1/2で溶く)
  • 揚げ油  適量

作り方

  1. にんじんはチーズおろしなどのスライサーでおろす。なければ千切りにする。くるみは手で小さく割る。にんじん、くるみをAで和える。
  2. 春巻きの皮を三角形になるように半分に切り、2枚重ねて、中央に①を6等分にしたものをのせて巻き、巻き終わりを水で溶いた小麦粉で止める。水分が多い具は2枚重ねることで、時間が経ってもパリパリ感が持続する。
  3. 巻き終わりを下にして、160℃の油できつね色になるまで揚げる。
  4. 平野由希子先生

    料理研究家。本格的なフレンチから毎日のおかずまで、シンプルで作りやすい料理を雑誌、書籍などで紹介。 J.S.A(日本ソムリエ協会)認定ワインアドバイザー。2010年には東京・大井町にワインバー「8 huit.(ユイット)」、根津にて焼き鳥&ワインの店「76vin(ナナジュロクバン)」を経営するなど、多方面で活躍中。

Facebookもチェック