焼き餃子

毎日ごはん

スキレットを使い、皮から手作りする餃子をこんがりと焼き上げます。蓄熱性の高いスキレットは皮をしっかりとパリパリに、中身をジューシーに仕上げるのがとても得意。本格的なお店の味を是非ご家庭でお楽しみください。

材料 [12個分/スキレット、ココット・ロンド 20cmのフタ使用]

    <餃子の皮>

  • 薄力粉 30g
  • 強力粉 70g
  • 塩 1g
  • 水 55ml
  • 打ち粉(強力粉) 適量
  • <具>

  • 豚ひき肉 160g
  • キャベツ 50g
  • にら 15g
  • 白ねぎ 3cm
  • 干ししいたけ 2枚
  • 水 50ml
  • (A)

    ・にんにく(すりおろし) 小さじ1/2

    ・しょうが(すりおろし) 小さじ1/2

    ・オイスターソース 小さじ1/2

    ・紹興酒 小さじ1

    ・砂糖 小さじ1/2

    (B)

    ・薄力粉 小さじ1

    ・水 60ml

  • 塩 適量
  • 白こしょう 少々
  • ごま油 適量
  • 酢、しょうゆ 適宜
  • 練りからし 適宜

作り方

    <下準備>
    ・キャベツ、にら、白ねぎはみじん切りにし、合わせてボウルに入れ、塩少々を加えて揉んでしばらく置き、水気を絞っておく。
    ・干ししいたけは分量の水で戻し、石づきを除いてみじん切りにする。
    ・戻し汁はとっておく。
    ・(B)はよく混ぜ合わせておく。

  1. ボウルに薄力粉、強力粉、塩を混ぜ合わせ、水を少しずつ加えて全体に粉気がなくなるまで混ぜる。台に移してなめらかになるまでこね、丸めてボウルに戻し入れ、ラップをかけて20分ほど休ませる。
  2. 別のボウルに豚ひき肉、塩少々を加えて粘り気がでるまでよく混ぜ合わせ、水気を絞ったキャベツ、にら、白ねぎ、戻した干ししいたけ、戻し汁(小さじ2)、(A)、こしょうを加えて混ぜる。
  3. 台に打ち粉をし、1の生地を2等分にし、それぞれ棒状にする。各6等分に切り分け、ひとつずつ直径10㎝の円形に伸ばす。具を12等分に分け、それぞれの皮にのせて上下を折り、中央に向かってひだを作る。バットに打ち粉をしっかりと敷き、餃子を並べる。
  4. スキレットの内側全体にごま油(小さじ2)を塗り広げ、中火で1分ほど予熱し、餃子を並べて軽く色がつくまで2分ほど焼く。(B)を混ぜながら全体に加えてフタをし、6分ほど弱火で蒸し焼きにする。
  5. フタを外し、水気がなくなってキツネ色になるまでじっくりと焼き、仕上げにごま油(小さじ1)をまわしかける。
  6. フライ返しなどで餃子のまわりを外してから、スキレットに皿をあてて裏返す。お好みで酢醤油、からしを添える。
  7. ※スキレットごとテーブルへ出したいときは、焼き目が上になるように戻し入れる

Facebookもチェック

このレシピに使う製品