水晶鶏のサラダ仕立て

毎日ごはん

片栗粉をまぶして茹でた、つるりとした食感の鶏肉に、サラダを合わせた夏向きのひと品です。鋳物ホーロー鍋で鶏肉をしっとりジューシーに仕上げます。

材料[3~4人分/ソースパン使用]

  • 鶏むね肉 1枚
  • しょうが(すりおろし) 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 紹興酒 大さじ1
  • ※なければ酒
  •  
  • 片栗粉 適量
  •  
  • <サラダ>
  • 水菜 50g
  • きゅうり 1/2本
  • 赤パプリカ 1/5個
  • トマト 1/2個
  •  
  • <トッピング>
  • 白ねぎ 4㎝
  • 香菜 適量
  • 糸唐辛子 適量
  • 松の実(軽くローストしておく) 適量
  •  
  • <梅だれ>
  • 大葉(みじん切り) 大さじ1
  • 鶏の茹で汁 90ml
  • はちみつ 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ2
  • ごま油 小さじ2

作り方

    <下準備>
    ・鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、しょうが、砂糖、塩、紹興酒の順にもみこんで10分ほどおく。
    ・水菜は長さ4㎝に切り、きゅうり、パプリカは長さ4㎝の細切りにする。
    ・トマトは厚さ5㎜の輪切りにする。
    ・白ねぎは長さ4㎝の千切りにし、水にさらす。香菜はザク切りにする。梅だれの材料は合わせておく。
    ・ソースパンに熱湯を沸かしておく。

  1. 鶏肉の水気を拭き取り、片栗粉を全体にまぶして、余分な粉はハケで除く。一切れずつ熱湯に入れ、フツフツと沸く火加減を保ち、4分ほど加熱して火が通ったら氷水にとる。冷めたらペーパーの上にとり、水気をきる。
  2. サラダの材料を皿に盛り、1をのせ、トッピング用の白ねぎ、香菜、糸唐辛子、松の実をのせ、梅だれをかけていただく。

Facebookもチェック

このレシピに使う製品