鯛の桜蒸し

おもてなし

道明寺粉を使った春らしい和食です。桜の葉と花の塩漬けで、香り豊かな一品に仕上げます。

材料[2人分/ココット・ロンド 24cm・スチーマー 24cm使用]

  • 鯛(切り身)  2切れ(1切れ50g)
  • 道明寺粉   50g
  • だし汁   80ml
  • 食紅(赤)    少々
  • 筍(水煮)   40g
  • アスパラガス   2本
  • 桜の葉の塩漬け   2枚
  • 桜の花の塩漬け   2枚
  •  
  • (B)
  • だし汁   100ml
  • 砂糖   小さじ1/2
  • 薄口しょうゆ   小さじ1
  • みりん   小さじ1
  • 酒   大さじ1/2
  •  
  • (C)
  • 片栗粉   小さじ1
  • 水   小さじ2
  •  
  • 塩   少々

作り方

    <下準備>
    ・鯛は骨を抜き、皮をひいて両面に軽く塩少々をふり、水気をふきとっておく。
    ・桜の葉、花は水洗いし、20分ほど水にさらして塩抜きし、水気をきっておく。
    ・筍は湯通ししておく。
    ・アスパラガスは根元を切り落とし、下から5cmをピーラーでむき、はかまをとって3等分にする。

  1. 道明寺粉を耐熱ボウルに入れ、だし汁、適量の水で溶いた食紅少々を加えて軽く混ぜ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分ほど加熱する。湯通しした筍を横半分に切り、穂先は形を活かして放射状に、根元はいちょう切りにする。
  2. 小鍋に(B)、塩少々を中火で沸かし、筍、アスパラガスを加え、3分ほど弱火で煮て取り出しておく。煮汁に(C)を混ぜながら少しずつ加えてとろみをつける。
  3. ラップを敷き、桜の葉を1枚のせ、1の道明寺粉(1/2量)を薄く広げて鯛を1切れのせ、全体に丸くなるように包み、2の筍(根元部分)を敷いた器に葉が上になるようにのせ、ラップを外す。桜の花を飾り、筍の穂先、アスパラガスを盛り付け、2つ作成し、器をスチーマーにのせる。
  4. 蒸気の上がった鍋にスチーマーをセットし、乾いた布巾を挟んでフタをして中火で7分ほど蒸す。仕上げに温めた2を注ぐ。

Facebookもチェック